海外のオンカジで儲けたお金にも税金はかかるんですか?

国税局から税金の未納を疑われている二等兵のマンガ

海外のオンラインカジノで儲けたお金にかかる税金について、実際にどれくらいかかるのか知りたいですよね。

はい。詳しいことはさておき、現時点で税金の支払いがどれだけあるのかを知りたいのであります。

時間がない人の代わりに、私がザックリ計算してお答えしますので、下記のメールフォームからご連絡ください!

っしゃ!すぐにメール送信だ!

オンラインカジノの税金に関する簡易計算依頼

では、ここからはオンラインカジノと税金について分かりやすく解説していきますね。

はい!令和の脱税王になって刑事訴追されないようオンカジの税金に関する知識を前頭葉に叩き込みます!

まず、海外で運営されているオンカジで得た利益(勝利金)にも税金はかかります。

オンカジで儲けたお金にも納税義務があることを知り落胆する二等兵

やっぱかかるんですね・・・。

オンラインカジノで勝っても税金がかかるのかぁ~と残念な気持ちになっていると思いますが、

これは宝くじや公営ギャンブル、パチンコなどにかかる税金とまったく同じ税率なんです。

オンカジだから、特別に税金がかかっているわけではないんです。

フムフム。オンカジにだけバカみたいに税金がかからないと知って少し安心したのであります。

1.4倍の税金!?申告しなかったら?

「勝つ度に税金がかかるのは不服だ」「黙っていればバレないだろう」と思っていませんか?

残念ながらオンカジで勝ったお金を引き出す方法は主に銀行口座への送金になるので、

やり取りは銀行の記録に残ります。足跡がくっきり残るので、

税務署でもお金の流れが丸見えなんです。そうなると、故意に申告しなかった無申告と思われてしまい、

本来よりも多く税金を支払う羽目になってしまいます。

追加で税金で多く持っていかれない為にも、ちゃんと知識をつけておきましょうね。

はい。

追徴課税

追徴課税という言葉をニュースなんかで聞いたことある人も多いのではないでしょうか?

一時所得があるのに申告しなかった場合は、最も重い税金「重加算税」が課せられてしまいます。

「重加算税」は、本来払うべき税金の40%を追加で支払う義務が発生するという事です。

申告しなかったから、1.4倍で支払えということですね。

なっ!!1.4倍!?高っ!!絶対ムリ!!

さらに追い打ちをかける延滞税

突然「重加算税」が課されてしまったら困ります。ただし、重加算税の支払い期限が過ぎてしまった場合は、

延滞税という利息のような税金がさらにかかってきます。

支払い期限の翌日から全額支払い終わる日までの期間、毎日、延滞税が課されます。

支払いが遅れれば遅れるほど、延滞税が膨らんでいくわけです。

申告をしないというのは、思っている以上にリスクが高いんです。

税金の申告は思った以上に深刻なのであります。

どれくらいの税金がかかるの?

税金について「金額が20万以下なら申告はいらない」「赤字だったら無関係」などと聞いたことがあって、

どことなく安心していませんか?

え?違うの?

その話をそのまま受け取ってしまうと本来よりもさらに多くの税金を支払わなければならなくなってしまい、

勝利金が不本意な形で持っていかれてしまいますので、しっかりと理解した上で判断する必要があります。

あぶねぇー。

オンカジで勝った時のお金にかかる税金は「一時所得」という税金の種別になります。

オンカジだけでなく、公営ギャンブルや商店街のくじ引きの賞金もこれに含まれます。

フムフム。ギャンブルで得たお金は一時所得になるのでありますな。

税金の計算方法といえば、一年間の収支を計算すればいいと思っている人も多いのではないでしょうか?

実は「一時所得」の計算方法では損失が計上されません。勝った分から負けた分を引くことが出来ないんです。

勝った分から差し引いていいのは、その時の賭け金だけなんです。例えば、下記のような年間収支だった場合。

総ベット金額払い戻し金額損益
1ゲーム50万円150万円+100万円
2ゲーム110万円0万円-110万円
合計160万円150万円-10万円

これって、最終的には-10万円なので税金がかからないのではありませんか?

年間の収支は『-10万円』トータルでみたら利益が出てないから、申告しなくていいと思ったら危険です。

一時所得では負けた金額を計算に入れられないんです。なので、下記が正しい計算方法になります。

正しい計算方法

総ベット金額払い戻し金額損益
1ゲーム50万円150万円+100万円
合計50万円150万円+100万円

くぅーっ。

勝ったゲームのみ計算されるので『+100万円』となります。

いくら同等の金額をつぎ込んでいたとしても、それは計算に入りません。上記の例を計算してみましょう。

はい。

まず、所得税の早見表から、所得に対してかかる税率を見てみましょう。

所得税の速算表

課税される所得金額税率控除額
195万円以下5%0円
195万円を超え 330万円以下10%97,500円
330万円を超え 695万円以下20%427,500円
695万円を超え 900万円以下23%636,000円
900万円を超え 1,800万円以下33%1,536,000円
1,800万円を超え 4,000万円以下40%2,796,000円
4,000万円超45%4,796,000円

先ほどの収支表の場合は、195万以下なので税率は5%ですな。

『+100万円』だった場合「195万円以下」の欄をみれば「5%」とすぐにわかりますね。

でも『+100万円』だったから「100万円」×「5%」で「5万円」ではないんです。

100万円から税金を持っていかれる訳ではないので、安心してくださいね。

えっ!?

一時所得の計算方法

エアそろばんで税金の計算をする二等兵

給与所得がない人

①勝利金額②賭けた金額③特別控除額(最大50万円) ÷ 2

先ほどの収支表では「①150万円 - ②50万円」で『+100万円』の勝利金を計算で出しました。

オンカジでは負けた分は支出金額とみなしてもらえないので、③特別控除(最大50万円)を利益からさらに引くことが出来ます。

①150万円②50万円③50万円 ÷ 2 = 25万円

最大50万円ってのは、実際どれくらい引けるんですか?

これは、引いていい上限が50万円ってことで、50万円までなら引いて大丈夫ということです。

勝利金額賭けた金額30万円だった場合、30万円を引いて0円
勝利金額賭けた金額60万円だった場合、上限の50万円を引いて10万円

なるほどー。今回は「勝利金額 - 賭けた金額」が100万円だったので、

上限の50万円を引いて、さらに残った50万円を÷2にして所得金額は25万円ということですな。

はい。この場合「195万円以下」の所得になりますので「5%」の税率になります。

25万円」×「5%」で「1万2,500円」が支払う税金になりますが、

もし、会社員やバイトなどで、他に給与などの所得がある人は、その給与も計算に含めなければいけません。

えっ!?ほんとに!?休日に米軍ショップでバイトしてるのが上官にバレるとマズいのであります。

給与所得がある人

勤め先からの年間所得が300万円だったとします。そこに上記の例を当てはめてみましょう。

年間所得300万円とは士官学校卒のエリートかなんかでありますか!?

吾輩、現場叩き上げの二等兵でありますので常に最低賃金で働いておりますが、欲しがりません勝つまでは!!

①給与所得②勝利金額③賭けた金額④特別控除額(最大50万円) ÷ 2

給与所得がある例では『175万円』の所得金額が計算で出ました。

「195万円以下」の所得になりますので「5%」の税率になります。

175万円」×「5%」で「8万7,500円」が支払う税金になります。

①300万円②150万円③50万円④50万円 ÷ 2 = 175万円

なるほどー。吾輩にも税金の計算方法が分かったのであります。

負けた時の賭け金を必要経費にする方法

負けた時のゲームの賭け金が必要経費に出来れば、勝利金から差し引けて税金の支払いがなくなるのに、

そんなふうに考えていませんか?

なんでわかるんや!

でも、カジノの勝利金については、一時所得に分類されるので、必要経費に出来るわけないと思ってますよね?

違うんですか!?

場合によっては「儲かった金額の総額」 - 「賭けた金額の総額(負けた時の賭け金も含む)」の計算で、

所得が認められるかもしれません。

なにっ!?

基本的には、ギャンブルは一時所得で申告しなければいけませんが、それが雑所得として認められれば、

儲かった金額の総額」 - 「賭けた金額の総額」での申告が認められる可能性があります。

なるほどー。勝利金が一時所得ではなく雑所得として認められればいいのでありますな。

雑所得と認められるには「プレイの期間、回数、頻度その他の状態」、

「利益発生の規模、期間その他の状況等」の事情を考慮したうえで、総合的に判断されます。

雑所得として認められる可能性がある具体例

  • 偶然の影響を少なくするために、年間を通じてほぼ毎日継続的にプレイしていた。
  • 年間を通じての収支で利益が得られるように算式に基づいたり、予想の確実さの度合い、予想が的中した際の定めた賭け方のパターンなどを工夫していた。
  • 回収率を最重要課題として、100%を超えるようにプレイ方法を選別し続けてきた。
  • 年間を通じての収支で多額の利益を上げていた。

吾輩も朝から晩までプレイしているので勝利金を雑所得として認めてもらえるかもしれないのであります。

一連のプレイにより利益を得るために負けたゲームが必要不可欠であった客観的に明らかなら、

雑所得に該当するという事です。

一般の愛好家の人は、従来通り一時所得となるため、

負けたゲームの賭け金は必要経費として差し引けないので注意してくださいね。

くぅーっ。たぶん無理だ。

年間利益が千万単位~億単位と高額だった場合でも一時所得に該当するという判例もあるため、

ギャンブルで得た利益を雑所得と認めてもらうための条件を満たすのは容易ではないようです。

そんなに稼いでるプロのギャンブラーでも雑所得として認めてもらえないのでありますな。

雑所得で申告をして税務調査に入られ、結果、雑所得と認められず一時所得と断定された場合には、

追加徴税を課せられるため、本来よりも多く税金を納めなければならなくなる可能性があります。

それは大変だ。

普通にプレイしていてもオンラインカジノの勝利金を雑所得として認めてもらうことは難しいですが、

脱税と疑われてしまう可能性のある危ない橋を渡らずに、ギャンブルで得た利益を雑所得にする方法や、

税金を1円も払わなくていい方法があるので、口が堅い人は下の記事から詳細を見てくださいね。

オンカジから仮想通貨の出金で租税回避!?
富裕層や高額所得者にはお馴染みの仮想通貨とオンラインカジノを利用した租税回避の方法や節税の手順について、はじめての人にも分かりやすく解説します。

なにっ!?口が堅い人限定の情報があるのか!?

確定申告をする

上記の計算で一時所得を算出したら、あとは申告するだけです。

確定申告の期間翌年の2月16日から3月15日です。この期間中に申告を行わなければなりません。

  • 2020年1月
  • 2020年12月
  • 2021年2月

    前の年の1月から12月までの分を確定申告。
    期間は2月16日から3月15日まで。
  • 2021年3月

確定申告の時期になるとテレビCMなんかでもお知らせを見ることがあるのであります。

確定申告の必要書類

①源泉徴収票

年末年始頃に勤め先からもらえます。給与所得がない場合は不要。

②支払調書

オンラインカジノからの支払調書ではなく、自分で収支を付けたデータをプリントして提出してもOK。

支払調書を発行してくれるオンカジ

オンラインカジノのゲームって毎度収支を付けていたらキリがないですよね。

でも、ほとんどのオンカジが支払調書などの確定申告で必要になる税務関係の書類を発行してくれないんです。

えっ!それじゃ税金払おうと思ったらスロットのスピン毎に収支表を付けなければいけないんでありますか!?

支払調書を発行してくれるタックスフレンドリーなオンラインカジノもあります。

どこですか!?そのオンカジは!?

オンカジ別「支払調書」への対応

各オンラインカジノ別に「支払調書」への対応をまとめました。

サポートが対応」にチェックのあるカジノは支払調書の発行か、必要な数字を教えてもらえるカジノです。

自分でゲーム履歴確認」にチェックのあるカジノは、自分で収支表をつけなければいけないカジノです。

フムフム。支払調書に対応してくれるオンカジは意外と少ないのでありますな。

オンカジサポートが対応自分でゲーム履歴確認
ライブカジノハウス
ラッキーニッキー
21.com
ビットスターズ

確定申告をすると会社にバレる?

確定申告をしたら、給与以外に所得があったことを、会社に知られてしまうと心配な人もいますよね。

「副業が禁止」「会社にバレたくない」などの理由で、秘密にしたい場合には、

確定申告書類の2面にある《給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法》の欄の、

普通徴収にチェックを入れれば大丈夫なんです。

それは助かる!

アメリカ軍の放出品を叩き売りしてることが軍幹部にバレたら軍法会議にかけられてしまうのであります。

普通徴収にチェックを入れれば、会社ではなく自宅に届くので、必ずチェックを入れましょう。

チェックを入れ忘れてしまうと会社に届いてしまうので、副業が禁止されている勤め先の場合は要注意です。

休日のアルバイトが上官に見つかってしまったら命がいくつあっても足りないのであります。

確定申告は面倒だし、税金だってできれば支払いたくないと思っている人も少なくないですよね。

冒頭でも話しましたが、申告をしないと本来の税金に加えて支払う税金がさらに追加で徴収されてしまいます。

これまでの説明を理解できたなら、無知なことにより損することは回避できます。

追徴課税は申告をしっかりすることで免れることができるので、税金を余計に支払わないようにしましょうね。

はい。儲けた分はキッチリ納税します。

会社員で給与から税金が天引きされている人のオンカジ税金申告

オンカジの税金申告が難しくて頭を抱える二等兵

会社員の方で、会社に税金の支払い等を全て任せてしまっている場合は、税金の申告について不安なことがいっぱいですよね。

給料だけをもらっていた時は、毎月の給与から税金分が天引きされて会社が代わりに申告してくれていたので、

わざわざ自分で確定申告をする必要はありませんでしたが、オンカジで儲けてしまった場合には、

給料の他に一時所得が発生するので、ちょっと面倒ですが自分でも少しだけ手続きをしなくてはいけないんです。

くぅーっ。すみません!手順がわかりません!

それでは、毎月の給料から税金を天引きされている会社員の方の一時所得確定申告のやり方を、

初めての人にも分かりやすく解説していきますね。

はい。

オンカジの税金はいつ支払えばいい?

1月1日~12月31日の間、オンカジで儲けた分の税金は、

翌年2月16日~3月15日までに納める必要があります。

  • 2020年1月
  • 2020年12月
  • 2021年2月

    前の年の1月から12月までの分を確定申告。
    期間は2月16日から3月15日まで。
  • 2021年3月

フムフム。税金の支払いは次の年になるわけでありますな。

オンカジの税金はどこで支払えばいい?

税金の支払い方法は、多数用意されていますが、

依頼書の発行や外部サイトへアクセスしたりと支払い方法が複雑なので「窓口納付」がカンタンで便利です。

窓口納付?

「窓口納付」は、銀行や郵便局等の金融機関又は所轄の税務署の窓口で納付する方法です。

他の支払い方法と違い「窓口納付」だけは、支払い時に領収書を受け取ることができます。

また、納付書は全国の税務署の窓口に用意されていますので、

最寄りの税務署に行けば、納付書に支払う金額等を手書きで記入するだけで支払いができるんです。

2月16日~3月15日の間に最寄りの税務署に行って手続きを済ませればよいのでありますな。

オンカジの税金はいくら支払えばいい?

一時所得確定申告をした際に計算で出た金額の税金を支払います。

まずは一時所得を計算し、所得税の早見表を参考に税率を見れば支払額がわかるのでありますな。

オンカジの税金はどうやって確定申告すればいい?

会社からの給与がある場合は、確定申告書A用という書類の提出になります。

確定申告に必要な提出書類は最寄りの税務署でもらえます。

フムフム。最寄りの税務署で「確定申告書A用」という書類をもらうのでありますな。

① 確定申告書A用 ② 源泉徴収票

書類を提出する際に源泉徴収票のコピーを添付する必要がありますが、

源泉徴収票は、年末年始頃勤め先からもらえます

ほとんどの会社が12月の給与明細と一緒に渡してきます

確定申告書と一緒に提出する源泉徴収票のコピーは、年末に勤め先からもらったものをコピーするのですな。

③ 支払調書

支払調書とは、いくら賭けて、いくら儲かったかを記録したものです。

オンラインカジノのカスタマーサポートに問い合わせれば、年末年始頃にもらえます。

オンカジからの支払調書ではなく、自分で収支を付けたデータや記録メモをプリントして提出してもOKです。

万が一オンカジが対応してくれなかったとしても自分で収支を記録したメモがあれば安心なのであります。

給与分の税金については、会社が申告しているから大丈夫。

一時所得分だけ申告すればいい。そう思う方もいるかもしれませんが、実はそれ、大きな間違いなんです。

えっ!?それじゃ給与所得のある公務員や普通のサラリーマンは二重で税金を持っていかれるのでありますか?

安心してください。

なぜ、一時所得分だけを申告したいのに給与まで確定申告に記入しなければいけないのかというと、

所得金額のトータルによって、支払う税率が変わってくるからなんです。

なんだ。マジで焦ったのであります。

給与と一時所得を合算した金額で確定申告をしたら、給料から天引きされた上に、

確定申告でも給与の税金がまた算出されてしまって、給与に二重で税金がかかってしまうのでは?

そう心配する人もいるかもしれませんが、そんなことは有り得ませんので安心してくださいね。

よかったー。

なぜ、一時所得の確定申告で給与も申告しなければならないのかというと、

給与と一時所得を併せた所得金額のトータルから、支払う税金の金額を計算で出すからなんです。

ただ、ご心配の通り、その金額の中には、給与分の税金も含まれていますよね。

なので、その金額から、会社で天引きされている税金分の金額が差し引かれるようになっています。

ですから、給与分を二重で支払ってしまうことはありません。

給与も併せて申告するといっても、給与分の税金は、最終的には差し引かれるので、

儲かった追加分の税金のみを支払えるようになっています。

税率計算のため会社からの給与所得も同時に申告しなければいけないだけで、オンカジの税金を申告する際に、

給料から天引きされている税金が、さらに二重でもっていかれることはないのでありますな。安心したー。

どうやって確定申告書を書けばいい?

確定申告書は、全国の税務署の窓口に用意されていますので、

最寄りの税務署で確定申告書を手に入れることが出来ますが、

手書きでの確定申告は、初めての申告の方には難易度高めなので、

国税庁の確定申告書等作成コーナーで、作成することをおすすめします。

なるほどー。書類を事前に準備しておけば手続きがスムーズに進むのでありますな。

国税庁のe-Taxでは、確定申告書等作成コーナーから、確定申告書が簡単に作成することが出来ます。

もちろん無料です。ソフトをダウンロードする必要もありませんがインターネット環境とパソコンが必要です。

確定申告書のどこに何を書き込めばいいのかわからない方は、これを使えば、

入力画面の説明に従って金額を入力するだけで、自動的に確定申告書に反映され、税金も自動計算してもらえます。

そこで作成したこの確定申告書をプリントして、税務署に提出すれば、確定申告完了です。

プリンターが無くても、PDFファイルにして保存すれば、コンビニでもプリントできます。

フムフム。近所に24時間やってないコンビニがあるので、そこにいけばプリントできるのであります。

確定申告書の記入内容に不安が無ければ、郵送も可能です。

確定申告をしたら終わりじゃない?

確定申告をして、一時所得の税金を税務署に支払ったから、税金の支払いは終わり!ではないんですね。

えっ!?なんで!?国は吾輩の尻の毛までむしり取る気でありますか!?

確定申告をして税務署に支払った金額は、国に治める「所得税」になります。

確定申告をしたことにより「住民税」の支払いも同時に発生しているんです。

所得税の次は住民税かよー。

住民税についても、会社員の場合は給料から天引きされて会社が支払っているので、

オンカジで儲けた追加分の所得に対する住民税の請求が来ます。

とほほー。それ、どこに届くんですか?

確定申告の際に、確定申告書類の2面にある《給与所得者がその他の所得にかかる住民税の徴収方法》の欄の、

普通徴収にチェックを入れていれば、自宅住所に納付書が届くので、会社にバレる心配はありません。

あぶねぇー。

確定申告を期限内に行っていれば、その年の5~6月頃にお住いの市区町村から納付書が届きます。

自分宛で家に届くのであれば問題ないのであります。

普通徴収は、納税者本人に直接支払いがいくものです。特別徴収は、給与から税金が天引きになるものです。

誤って、特別徴収に○をしてしまうと、給与所得と一緒に一時所得の分も給与から差し引かれてしまう上に、

会社に一時所得の情報がいってしまいます。

○を付ける場所を間違ってしまったら一巻の終わりでありますな。

確定申告書の記入例でも重要視しているように、一時所得が会社にわからないようにするために、

普通徴収にチェックしましょう。

っしゃ!税金のことはわかったので、あとは納税できるぐらい勝つだけであります!

あとがき

おはよう!こんにちは!こんばんは!
管理人のEthanです。

管理人のEthan

オンラインカジノで儲けたお金にかかる税金についてご理解いただけましたか?

最初に言ってしまうとオンラインカジノで得た利益にかかる税金を逃れることはできません。
たとえ自己破産に追い込まれても、税金だけは免除されないんです。

FXの借金をオンラインカジノで返済!カードローンをバカラで完済!など多くの人が借金を返済する為の資金繰りにオンラインカジノを利用しているようですが、儲けたお金にはそれなりの税金が発生してしまいます。

直接知らない誰かの情報を鵜呑みにし、カジノで儲けたお金を普通に使ってしまうと後で大変なことになるので注意が必要です。

最近のマルサ(国税庁査察部)は、ターゲットを数年泳がせてから一気に取り締まります。
過去の資金移動も全部バレてしまうので注意が必要なんです。

昔はタックスヘイブンの国に会社を作ると、そこの情報は完全に守られましたが、今は微妙になっています。
現在も租税情報交換の二国間協定などが進んでおり、日本の捜査機関は多くの情報を掴んでいます。

例えばオンラインカジノに対して捜査機関が正式に問い合わせした場合、正式な書類などが揃っていれば、カジノはあなたの情報を提示します。

なので、税金については各自しっかりとした知識を持ち対処するしかないんです。

僕は金融機関に就職していたり、国内外にいくつも会社を設立してきた経験があるので、税金については一般人よりも知識があります。

このページでも税金の簡易計算などを代行しているので、もし心配な時には是非問い合わせてください。

以上。

これらの情報があなたの役に立つことを心から願っています。それでは。