スプリットベットで賭け金の18倍の配当をゲットする!

オンラインカジノのルーレットでホイールのポケットに落ちる数字を直接当てるインサイドベットのひとつ「スプリットベット(Split Bet)」について解説しますね。
はい。
スプリットベットは一度に2つの数字に賭けることができる賭け方なんです。
上下左右に隣接する2つの数字の間にチップを置き、どちらかの数字が的中すれば配当がもらえます。
ストレートアップベットと比べると配当は半分になってしまいますが、スプリットベットを使えば少ないチップでより多くの数字に賭けることができるので、勝率は高くなるんです。
フムフム。スプリットベットはチップ1枚で2つの数字を予想していいのでありますな。

スプリットベットの賭け方

スプリットベットの例
ルーレットで18倍の配当が手に入るスプリットベットに挑戦する場面
スプリットベットでプレイする場合は、予想した2つの数字(数字と数字)の間にある線の上にチップを置きます。
上記の例のように複数個所にベットすることも可能です。
当然のことですが、テーブル上に書かれた数字にベットするので、ホイール(回転盤)上の数字が隣同士でも、そこに賭けることはできません。
テーブルとホイールでは数字のレイアウト(配列)が違いますからね。
ぬはぁっ!18倍の配当だ!複数個所に賭けておけば当たる確率が上がるのでありますな。

スプリットベットの的中率(勝率)

スプリットベットで賭けた場合の勝率ですが、ヨーロピアンルーレットの場合は5.41%(2/37)、アメリカンルーレットの場合は5.26%(2/38)です。
配当はストレートアップの半分の18倍ですが、その分当たる確率が上がるので、一点賭けよりも勝率の高い賭け方になります。
2つの数字に賭けれることから単純に一点賭け(ストレートアップベット)の2倍の勝率になるわけでありますな。
一度に2つの数字を狙えることもあり、一点賭けのストレートアップベットよりもスプリットベットの方が当たりやすいんです。
なるほどー。吾輩、優柔不断の為、1つに絞れと言われると三日三晩要しますが、2つ選んでいいと言われれば即答できるのであります。
例えば6ヶ所にベットした場合、6×2=12で12ヶ所に賭けることができるので、ヨーロピアンルーレットの場合は的中率32.4%(12/37)、アメリカンルーレットの場合は的中率31.6%(12/38)と、30%弱の確率で予想した数字を狙えます。
んー。しかし的中率30%弱と言われても、正直、魅力を感じないのであります。
確かに、アウトサイドベットと比べてしまうとスプリットベットを含むインサイドベットの的中率は低いです。
ただ、その分配当が高いので、資金力がなく、少ないベットで大きく稼ぎたい人には勝率30%弱であってもインサイドベットの方がおすすめなんです。
例えばスプリットベットで100円賭けて当たったら18倍の1,800円になるわけです。
勝率も大切ですが、ルーレットで稼ぎたいなら、配当にも注目する必要があるんです。
なるほどー。アウトサイドベットと比べて配当の高いスプリットベットには一発逆転のチャンスが隠れているのでありますな。善は急げ!さっそくスプリットベットでルーレットをプレイしてみるのであります!
タイトルとURLをコピーしました