オンカジの運営の仕組みとお金の流れ

こちらではオンラインカジノの仕組みや、お金の流れなどを分かりやすく解説しますね。

はい。

カジノについてよく知らない人の中には「カジノって運営元に都合よく操作されていたり、イカサマとか未払いとかあるんじゃない?」と疑ってる人もいると思いますが、合法的に運営されている海外のオンカジはインターネット上(オンライン上)でギャンブルを行う特性上、とても厳しい監査を受けているので逆に安心なんですよ。

ギャンブルというと、ずさんな管理がされているイメージでしたが、意外とちゃんとしているのでありますな。

オンカジの運営には政府や審査機関からの厳しい監査がある

審査機関に監査されるオンカジ運営会社

まず、オンラインカジノの経営にはカジノの運営ライセンスを発行している政府からの公認ライセンス(免許)や、審査機関の厳しい監査をクリアしたソフトウェアメーカーのゲームソフトが必要です。そして、審査機関から資金面、経営面、ゲームの公平さ、ペイアウト率などを半年以上調査され、厳格な審査にクリアする必要があるんです。

お役所のお調べが入るのですな。それは大変だ。吾輩、抜き打ちの持ち物検査が一番ドキドキするのであります。

厳しい審査を経て合法的に運営しているオンラインカジノでプレイヤーはゲームをプレイしますが、お金のやり取りに関しては、オンラインカジノの運営会社と直接取引するわけではありません。入金や出金に関しては、資金のやり取りを管理している決済会社を通して行われているんです。

オンカジは運営会社がすべてを行っているわけではないのですな。

複数の機関から監視されているオンラインカジノには、いかさま賭博のように仕掛けがしてあったり、いかさま師やゴト師もいませんし、穴熊(あなぐま)のような胴元に有利な行為は一切ないんです。
なるほどー。オンラインカジノではイカサマすることが不可能なのでありますな。大金をベットして賭ケグルイたいならオンラインカジノが一番安全なのであります。
オンラインカジノの仕組みの説明図

上記の図で分かるように、オンラインカジノを取り巻く会社や機関はそれぞれ別になっていて、審査機関(国際的な会計監査会社)の定期検査により運営側がプレイヤーに対して不正を働くことができないようになっているんです。さらに、ライセンス取得後もゲーミング税納付義務が発生しますので、資金力のない会社はオンラインカジノを運営することができないんです。監査についてもライセンスを取得した時点で終わりではなく、運営体制などの抜き打ち監査は度々行われ、不正が発覚すれば即ライセンス剥奪となってしまいます。

ぬわぁっ!キビシーっ!ライセンス取得後も監査や納税義務なんて・・・。尻の毛までむしり取る気でありますか!?

信頼できるライセンスの発行国

オンカジのライセンス(免許)を発行している国は世界に20ヶ所以上あるんですが、その中でも監査が厳しくライセンスの取得が特に難しい国で運営しているオンカジなら、安全な入出金と公平なゲームプレイが約束されますので、オンカジに対する安心度がさらに高まりますよね。こちらが特にライセンス料が高額で審査が厳しくオンラインカジノ運営ライセンスの取得が難しい発行国です。

イギリスイギリスのライセンス
ジブラルタルジブラルタルのライセンス
マルタマルタのライセンス
マン島マン島のライセンス
カナワケカーナウェイクのライセンス
オランダ領キュラソー島オランダ領キュラソー島のライセンス

聞きなれない場所も多いですが、ヨーロッパのライセンスは信頼度が高く取得が難しいライセンスなんですな。

ライセンスを取得する際に監査される内容には次のようなことも含まれるんです。

  • 運営企業の経歴や経緯と現状。
  • 運営企業の資金力。
  • 運営企業の経営能力。
  • ゲームの公正さを認証するシステム。
  • 法令遵守をさせる仕組み。
  • マネーローンダリングやマフィアの関与。

こ、これは・・・。中途半端な企業ではライセンスなど絶対に取れないのですな。

各オンカジ別「ゲーミングライセンス」

オンカジゲーミングライセンス
ベラジョンMGA(マルタ)
インターカジノMGA(マルタ)
カジノシークレットMGA(マルタ)
チェリーカジノMGA(マルタ)
ライブカジノハウスPAGCOR(パグコー)
ラッキーニッキーMGA(マルタ)
21.comMGA(マルタ)
ビットスターズCURACAO(キュラソー)
ラッキーカジノMGA(マルタ)
ギャンボラMGA(マルタ)
カジ旅CURACAO(キュラソー)
シンプルカジノCURACAO(キュラソー)
パイザカジノKANAWAKE(カナワケ)
オムニアカジノMGA(マルタ)
カリビアンカジノKANAWAKE(カナワケ)
まね吉MGA(マルタ)

信頼できるソフトウェアメーカー

オンカジのゲームソフトを設計・開発しているメーカーには次のような精度の高い優秀なソフトウェアが求められています。

  • ランドカジノに劣らない演出・ゲーム性・種類。
  • データに統計学的な偏りがないようにする高度な乱数発生プログラム技術。
  • 人為的な操作や設定変更ができないようにする厳重なプロテクト技術(監視技術)。

厳しい条件をクリアしない限りオンカジのソフトウェアはリリースできないのでありますな。こんなに厳しい監査を通して運営しているとは・・・。ゲームに負けるたび運営会社やソフトウェアメーカーのせいにしてヤケクソになっていた自分が恥ずかしいのであります。

現在100社以上あるオンラインカジノのソフトウェアメーカーの中でも、こちらのソフトウェアメーカーは信頼度が高く、多くのオンカジ運営会社が採用しています。

PlayTechオンカジのソフトウェア会社プレイテック(PlayTech)
Microgamingオンカジのソフトウェア会社マイクロゲーミング(Microgaming)
NetEntオンカジのソフトウェア会社ネットエント(NetEnt)
BETSOFTオンカジのソフトウェア会社ベットソフト(BETSOFT)
IGTオンカジのソフトウェア会社アイジーティー(IGT)
CryptoLogicオンカジのソフトウェア会社クリプトロジック(CryptoLogic)

フムフム。このゲームメーカーのロゴを覚えておけば、安心して遊べるゲームが分かるのでありますな。

オンカジのゲームソフトは外部の審査機関による定期的なプログラム検査をクリアしなければいけません。審査内容はとても厳しく、数億回のテストゲームを行い分析した結果でゲームの公平性などをチェックされているんです。なので、信頼度の高い一流のソフトウェアメーカーは色々なオンラインカジノから採用されています。

フムフム。複数のオンラインカジノで同じゲームを扱っている謎がとけたのであります。

オンカジを監査する審査機関

オンラインカジノの運営会社やソフトウェアメーカーをライセンス取得後も継続して監視する審査機関(国際的な会計監査会社)として代表的なところはこちらの審査機関です。

フムフム。代表的な機関が2つあるのでありますな。

eCOGRAオンカジ審査機関のeCOGRA

eCOGRA(eCommerce and Online Gaming Regulation and Assurance)は、2003年にロンドンを本拠地として設立された非営利組織(NPO)の独立審査機関です。世界四大会計事務所として有名な、プライスウォーターハウスクーパース(Pricewaterhouse Coopers)や、KPMG LLP公認会計士事務所(KPMG LLP Certified Public Accountant)の協力のもとペイアウト率の調査を実施したり、オンカジの運営を継続的に監視してる団体なんです。

ははぁー。説明内容が吾輩のキャパシティーをオーバーしており、なんだかよくわかりませんがスゴイ審査機関なんでありますな。

TSTオンカジ審査機関のTST

TST(Technical Systems Testing)は、1993年に設立した独立した監査組織で、ギャンブルが公正に行われているか「ゲーミングRNG(Random Number Generator)」などの検査や監査を行っている団体です。世界的に信頼度の高い審査技術を持つ組織で、オンカジ以外にもランドカジノにあるスロットマシンの検定や、政府が開催している宝くじの監査も行っているんです。

宝くじの監査も行っている組織とは・・・。オンカジはこのような大手の審査機関から定期的にチェックされているのでありますな。プレイしていてとても安心になるのであります。

信頼度が高く安全な決済会社

信頼度が高く資金の出し入れを安全に行える決済会社(中間決済業者)はエコペイズ(ecoPayz)です。エコペイズ(ecoPayz)ならほとんどのオンラインカジノで利用することができますし、プレイヤーとオンカジの間に立ち、資金の出し入れを円滑に行ってくれます。

オンカジへの入出金に便利なエコペイズの解説図

吾輩、ダラーとは無縁で、円しか持っておらず、海外のオンカジにどうやってお金を入れるのか悩んでいたところだったので安心しました!

株式市場に上場しているオンカジ

オンカジの中には証券取引所に上場している一流企業もあるんですよ。上場するためには、とても厳しい上場審査をクリアする必要があるので、日本にある株式会社でも東証やジャスダックに上場できるのはほんの一部大手企業だけですよね。企業規模や収益性などの要件を満たすだけではなく、経営面や管理体制なども厳しく審査されるので、上場しているオンカジはとても信頼できますね。ただし、上場していないから信用できないというわけではありませんので、上場については沢山あるオンカジを選ぶ際の基準のひとつとして考えるといいと思います。

フムフム。上場してなくても安心安全なオンカジは沢山ありますからな。

上場しているオンカジ

ベラジョンインターカジノを運営するDumarca Gaming Ltd.の親会社のJackpotjoy Plcは、2017年1月にロンドン証券取引所に上場しています。またチェリーカジノの運営会社であるPlayCherry Ltd.もストックホルム市場ナスダックに上場しています。取得しているライセンスも信頼度の高いマルタのライセンスなので、どこをとっても安心度の高いオンラインカジノですね。

どちらもインターネット上でよく目にするオンカジであります。

といった感じでオンカジの運営の仕組みとお金の流れ、オンカジを取り巻く様々な機関や会社について解説しましたが、なんとなく分かりましたか?

はい。吾輩、オンカジのことを甘く見ていました。こんなにちゃんとした企業で、オンカジの取り巻きもすべて一流の企業や機関だったとは・・・。今後オンカジでプレイする際は、スロットのスピンボタンをタップする前にスマホの前にひざまずき一礼してからはじめるのであります。

タイトルとURLをコピーしました