損切りと勝ち逃げのタイミング

オンカジでプレイしているとゲームの「やめどき」を見失ってしまうことがありませんか?
はい。吾輩は、朝起きてから夜寝るまでオンラインカジノにアクセスしてゲームを続けているのであります。
実はこの「やめどき」を見失ってしまう人は、オンラインカジノで大負けする傾向にあるんです。
なにっ!?
「損切り(そんぎり)」や「ロスカット」という言葉を聞いたことはありませんか?
野菜の切り方かなんかでありますか?
オンラインカジノで使う「損切り(ロスカット・ストップロス)」とは負けを確定してゲームをやめることを意味します。
なにっ!?全損するまで続ければ勝利するかもしれないのに、途中で負けを認めて戦いをやめてしまうということでありますか!?
はい。確かに損切りは辛いです。負けを認める敗北感や、あと少しやっていれば勝てたかもしれないという後悔に襲われ翌朝まで眠れなくなってしまうかもしれません。
悔しいです。
でも、勇気を出して損切りできれば、軍資金をすべて失わずに済みますし、自分の資産を守るという面ではとても重要なアクションなんです。
なるほどー。しかし、なんとしてでもこの金額は勝ちたいと思いながらゲームに集中している最中、損切りするタイミングを見極めるのは難しいのであります。

損切りのタイミング

損切りライン
基準は人によって違ってきますが、軍資金の1/3を失った時が損切りのタイミング(やめどき)と言われています。
軍資金が50,000円の場合は、マイナス15,000円が損切りのタイミングになります。
フムフム。軍資金の2/3が残っていれば、次の日に再チャレンジすることは十分にできるのでありますな。

勝ち逃げのタイミング

勝ち逃げライン
基本的にオンラインカジノはカジノ側に有利な設計になっています。なので大勝できた時であっても、その後も連続的にゲームを続けていればいつかは必ず大負けしてしまいます。
ゲームをする場合は「いくら勝ったらやめる」といった勝ち逃げラインも決めておくとで、大負けする前にゲームを切り上げることができるんです。
なるほどー。腹八分目的なやつでありますな。あと一回と思ってプレイしたゲームで今までの勝利金を全部失うようなことは避けたいのであります。
オンラインカジノの勝ち逃げラインは、軍資金の10%ぐらいが目安です。
軍資金が50,000円だった場合は、プラス5,000円になった時がゲームのやめどきになります。
フムフム。自分の軍資金に合わせて「損切りする額(軍資金の1/3)」と「勝ち逃げする額(軍資金の10%)」を決めておけば、大負けすることを避けることができるのでありますな。
はい。オンラインカジノで勝利するには「いかに勝つか」でななく「いかに負けないか」「いかに損失を抑えるか」が重要になってきますので、「損切り」と「勝ち逃げライン」のルールは必ず守ってプレイしましょうね。
はい。次回からは損切りの金額と、勝ち逃げの金額をしっかり決めてからゲームをプレイするのであります。
タイトルとURLをコピーしました