オンカジで日本人がプレイすることは違法なのか?合法なのか?

オンラインカジノでゲームしたことで誤認逮捕される二等兵のマンガ

オンカジに興味があっても、日本人がプレイすることは違法なのか?合法なのか?すごく気になりますよね。

過去の事件や事例を分析することも大切ですが、

まずは日本におけるオンカジの法的な位置付けをちゃんと把握することで、

安心して自己責任の上でオンカジのゲームをプレイすることができます。

それではオンラインカジノと日本の法律の関係を分かりやすく解説していきますね。

はい。市民図書館で六法全書を借りてきたのであります。

オンカジでプレイすることは問題ない

日本人が海外で合法的に運営されているオンカジでプレイすることは問題なく、法律上違法ではないんです。

っしゃ!オンカジは法律上プレイしても問題ないギャンブルなんでありますな!

はい。問題ありません。ただし、違法ではありませんが、日本の法律では合法ともされていないので、

オンラインカジノはグレーゾーンと解釈されています。

何故グレーかというと、日本にはオンカジを整備する法律がなく、違法とも、合法とも言えないからなんです。

え!?「違法ではない = 合法」ではないと!?

オンカジが日本ではグレーゾーンだという事実に落胆する二等兵

はい。オンカジでプレイすることは問題ありませんが、日本に作られる予定のランドカジノと違い、

オンラインカジノには法律がない以上、合法とも言えないんです。

ただ、海外で合法的に運営しているカジノでプレイしている以上、賭博罪を成立させることもできませんので、

ライセンスのあるオンカジでプレイするだけなら何の罪にも問われないということになるんです。

フムフム。しかし、モヤっとしていて、スッキリしない答えですな。

そうですよね。

ただ、オンカジと同じように合法とも違法とも言えないようなグレーゾーンは、身近なところにもあるんです。

次は法的にグレーゾーンのまま黙認されているギャンブルについて分かりやすく解説していきますね。

はい。

グレーゾーンはオンカジだけではない

カジノ法案などの影響もあり、オンラインカジノは注目されやすくなっていますが、

実は法律が整ってなく「法の抜け穴」などと言われたまま黙認されていることって他にも沢山あるんですよ。

なにっ!?

海外のランドカジノ

海外で合法的に運営されているランドカジノで日本人が遊ぶことに関しては、

海外だから日本の賭博罪が成立しないということでOKになってるんです。

でもこれってオンカジとちょっと似てますよね。

オンラインカジノの場合と同じであります。やはり海外のカジノだからOKなんでありますか!?

海外のランドカジノで豪遊する軍曹

日本の刑法には国外犯規定という海外でも日本の刑法が適用される特別規定があり、

犯罪の種類によっては罪に問われることもありますが、国外犯規定の中に賭博罪はないので、

カジノが合法な国のランドカジノで日本人がカジノゲームをプレイしても逮捕されることはないんです。

なので、テレビなどで芸能人が海外のカジノで大儲けした話をしていることがありますよね?

公の場で海外のカジノでプレイしたことを堂々と話しても罪に問われることはありません。

ただこれに関しても「合法」や「違法」のようにハッキリとした答えを言っているわけではありませんよね?

たしかにハッキリしない答えではありますが「問題ない」ということなのでありますな。

パチンコ・パチスロ

身近なギャンブルといえばパチンコやパチスロも思い当たりますが、実はこれ、ギャンブルじゃないんです。

日本ではパチンコやパチスロを遊技であると規定していて、国会でも論議されていますが、

客が換金目的でパチンコやパチスロをやっていることは黙認されている状態なんです。

パチスロで軍資金を溶かして落胆する二等兵

えっ!?パチンコ店って遊技場なんですか?それではゲーセンと同じ扱いではありませんか!?

パチンコやパチスロの換金を可能にしているのは「三店方式」というものなんですが、

普通に考えてグレーとしか言いようがないですよね?

三店方式

パチンコ・パチスロの三店方式について説明する図
国が黙認する三店方式
  • 一店舗目
    パチスロ店
    客はパチンコ・パチスロ店で出玉を特殊景品に交換します。
  • 二店舗目
    パチスロ店→景品交換所
    特殊景品は、何故か必ず、たまたまパチンコ・パチスロ店の近くにある「パチンコ・パチスロ店とは一切関係のない」謎の景品交換所で買取ってくれます。
  • 三店舗目
    景品交換所→問屋
    景品交換所は特殊景品を「うちの店とは一切関係ありません!」と言い切る謎の問屋に売ります。
  • 最初に戻る
    問屋→パチスロ店
    謎の問屋は再梱包した特殊景品を「偶然にも毎回」元のパチンコ・パチスロ店に販売してしまいます。

あかん!真っ黒や!

そうなんです。オンラインカジノというと「グレーで危険」といったイメージを持つ方もいるんですが、

あくまでも遊技と言い張りながら国内で賭博を疑われるようなことをしているパチンコやパチスロより、

合法的に運営されている海外のランドカジノやオンラインカジノの方がクリーンだと思いませんか?

はい。違法賭博との違いがあまり分からないパチンコやパチスロと比べ、

そもそも違法ではないオンカジの方がクリーンなのであります。

統合型リゾート施設(IR)に併設される予定のランドカジノは合法

日本では2018年7月20日にカジノを含む統合型リゾート施設(IR)整備法が可決・成立しています。

これによりカジノは刑法の賭博罪の適用から外されたわけです。まだ色々と議論はされていますが、

IRに併設される形でランドカジノがオープンすることは決まっていますので、

オープンした際には日本人が国内のカジノでプレイすることが可能になるんです!

っしゃ!

日本人が国内にあるカジノでプレイするための条件

IRに併設されたランドカジノで日本人および在日外国人がカジノゲームをプレイする際には、

ギャンブル依存症対策で色々と制限がかけられる予定なんです。

現時点でまだ確定でないものもありますが、話が出ているものを含めご紹介しますね。

はい。

入場回数の制限

日本人および在日外国人がカジノに入場するには回数制限があります。

連続する7日間での入場回数は3回まで、連続する28日間での入場回数は10回までとなっています。

連続してプレイできるのは最大で72時間ということでありますな。

身分確認

入場時及び退場時には本人確認を特定するマイナンバーカードの提示が必要になります。

吾輩、身分証明書は保険証しかないのであります。急いでマイナンバーカードの申請を済ませるのであります。

年齢制限

もちろん年齢制限もあり20歳未満の人はカジノに入場することができません。

カジノは大人の嗜みであります。20歳未満の入場などもってのほかであります。子供は帰れ!糞して寝ろ!

入場料の徴収

そして、日本人および在日外国人がカジノに入場するには入場料を徴収されます。

入場料は1回(24時間)あたり6,000円です。

6,000円の内訳は、国へ支払う分が3,000円、都道府県等に支払う分が3,000円となっています。

銭がない奴は門前払いを食らうのでありますな。厳しい世の中であります。世間は冷たいのであります。

チップの購入方法の制限

日本人および在日外国人がカジノで賭け金を支払うためのチップを購入するには、現金が必要になってきます。

クレジットカードを利用できるのは訪問外国人のみです。

くぅーっ。吾輩、クレジットカードしか持っていないのであります。

オンラインカジノで遊んでも大丈夫?

海外のオンラインカジノで日本人がプレイしてはいけませんとは誰も言ってませんし、

日本の法律でもそのようなことは決められていません。

ここでは「自己責任の上でお楽しみください」としか言えませんが、

パチンコやパチスロで大当たりを出して換金する際に悪いことをしている気持ちになったりはしませんよね?

はい。こちらとしては自然な流れで換金しておりますので。

安全なオンカジを選ぶ重要なポイント

グレーゾーンとはいえできるだけ安心してオンカジを楽しみたいのであれば、

下記のポイントをおさえてオンカジ業者を選ぶことが大切になってきます。

  • 運営元の所在地がカジノ運営を許可された国(海外)である。
  • 政府発行のカジノ運営ライセンスを取得している。
  • 厳しい監査をクリアしたソフトウェアメーカーのカジノゲームを採用している。

フムフム。海外で合法的に運営されているカジノであれば安心して遊べますな。

また、法律を犯しているのでは?と疑われないようにするためにも、以下の行動は控えましょう。

はい。

疑われてしまう危険行為

ここまで色々と解説しましたが、

オンカジは合法とも違法とも言えない限り、強くオススメすることも、否定することもできませんので、

オンカジでカジノゲームをプレイするかしないかは、各自の自己判断にお任せするしかないのが現状なんです。

よく分かりました。オンカジの法的な位置付けをしっかりと理解して自己責任の上でプレイするのであります!

「オンカジをプレイするかしないかはアナタ次第!です」ということでありますな。

あとがき

おはよう!こんにちは!こんばんは!
管理人のEthanです。

管理人のEthan

日本人が海外のオンラインカジノでプレイすることは問題ないということをご理解いただけましたか?

実は知り合いの国際弁護士に確認したところ「違法でも合法でもない、それは問題ないということです。」との回答をいただきました。

白でも黒でもないので一般的にはグレーゾーンと呼ばれることが多いのですが、グレーゾーンというと、何か悪いイメージを持ってしまうような気がするので、オンカジ二等兵では「問題ない」という表現を使っています。

ただし合法とされていない以上、合法ですとは言えないので、遊ぶのかどうかはアナタ次第ですとなってしまうのですが、僕自身は海外のオンラインカジノでプレイしています。

以上。

これらの情報があなたの役に立つことを心から願っています。それでは。