負けた額を回収しながら利益を出すグランマーチンゲール法

グランマーチンゲール法を習得する二等兵のマンガ

マーチンゲール法の欠点は負けた額を回収できても、大きな利益を生み出すことができないところでした。

たしかに。マーチンゲール法だと大きく勝つことはできないのであります。

実はそのマーチンゲール法の欠点を克服した改良版のマーチンゲール法があるんです。

なにっ!?

その名も「グランマーチンゲール法」別名「大マーチンゲール法」です。

っしゃ!

グランマーチンゲール法の賭け方は簡単!負けた時に賭け金を2倍+1にしていくだけなんです。

グランマーチンゲール法の解説図
グランマーチンゲール法の例
  • 1ゲーム目
    勝ち
    賭け金1ドルでスタートし、ゲームに勝ったので、次も賭け金1ドルでプレイします。
  • 2ゲーム目
    負け
    賭け金1ドルでゲームに負けたので、次は賭け金を2倍+1の3ドルに増やしてプレイします。
  • 3ゲーム目
    負け
    賭け金3ドルでゲームに負けたので、次は賭け金を2倍+1の7ドルに増やしてプレイします。
  • 4ゲーム目
    勝ち
    今回はゲームに勝ったので、次はまた賭け金を1ドルに戻してゲームをプレイします。

フムフム。負けた時だけ前回の2倍+1賭ければいいのでありますな。

基本的にはマーチンゲール法と同じで、損失額を回収する必勝法になりますが、

グランマーチンゲール法の場合は、損失額を回収しながら少しずつ利益を出すことができるんです。

なので、連続して勝ち続けるほど利益が出ます。

1回目2回目3回目4回目5回目6回目7回目8回目9回目10回目
連敗する確率50%
(1/2)
25%
(1/4)
12.5%
(1/8)
6.25%
(1/16)
3.13%
(1/32)
1.56%
(1/64)
0.78%
(1/128)
0.39%
(1/256)
0.20%
(1/512)
0.10%
(1/1024)
賭け金1ドル3ドル7ドル15ドル31ドル63ドル127ドル255ドル511ドル1023ドル
勝った金額2ドル6ドル14ドル30ドル62ドル126ドル254ドル310ドル1022ドル2046ドル
賭け金の累計1ドル4ドル10ドル22ドル46ドル94ドル190ドル382ドル766ドル1534ドル
利益1ドル2ドル4ドル8ドル16ドル32ドル64ドル128ドル256ドル512ドル

これでワイも金持ちや。

グランマーチンゲール法が有効なゲーム

グランマーチンゲール法が有効なゲームは、勝率が約50%で、配当金が2倍のゲームです。

1ドルベットスタート全10ゲームという条件で、グランマーチンゲール法をシミュレーションしてみました。

フムフム。これでグランマーチンゲール法の威力が分かるのでありますな。

ブラックジャック

ブラックジャックのプレイ画面
1回目2回目3回目4回目5回目6回目7回目8回目9回目10回目
賭け金1ドル1ドル3ドル1ドル3ドル7ドル1ドル3ドル1ドル3ドル
勝敗勝ち負けBJ負け負け勝ち負け勝ち負け勝ち
勝った金額2ドル0ドル7.5ドル0ドル0ドル14ドル0ドル6ドル0ドル6ドル
収支1ドル0ドル4.5ドル3.5ドル0.5ドル7.5ドル6.5ドル9.5ドル8.5ドル11.5ドル

グランマーチンゲール法を使ってブラックジャックをプレイしてみました。

マーチンゲール法と違って損失額を回収しながら確実に利益を上げているのであります。

バカラ

バカラのプレイ画面
1回目2回目3回目4回目5回目6回目7回目8回目9回目10回目
賭け金1ドル1ドル3ドル7ドル7ドル1ドル1ドル1ドル1ドル3ドル
勝敗勝ち負け負け引き分け勝ち勝ち勝ち引き分け負け負け
勝った金額2ドル0ドル0ドル0ドル14ドル2ドル2ドル0ドル0ドル0ドル
収支1ドル0ドル-3ドル-3ドル4ドル5ドル6ドル6ドル5ドル2ドル

グランマーチンゲール法を使ってバカラのプレイヤーに賭け続けてみました。

後半は負け続けてしまいましたが、半ばに利益を上げたことでプラス収支なのであります。

ルーレット(赤黒ベット)

ルーレットのプレイ画面
1回目2回目3回目4回目5回目6回目7回目8回目9回目10回目
賭け金1ドル3ドル7ドル1ドル3ドル1ドル1ドル1ドル3ドル1ドル
勝敗負け負け勝ち負け勝ち勝ち勝ち負け勝ち勝ち
勝った金額0ドル0ドル14ドル0ドル6ドル2ドル2ドル0ドル6ドル2ドル
収支-1ドル-4ドル3ドル2ドル5ドル6ドル7ドル6ドル9ドル10ドル

グランマーチンゲール法を使ってルーレットの黒に賭け続けてみました。

このまま賭け続ければワイも金持ちや。

グランマーチンゲール法のデメリット

一見必勝法にも見えるグランマーチンゲール法ですが、注意しなければいけないことがあるんです。

なにっ!?

連続して勝ち続ければ利益が大きく出せるグランマーチンゲール法ですが、

逆に連敗した場合は、同様に大きな損失があるんです。

チクショー。

さらに、ベット額が大きくなることから、

ゲーム毎に決められている最大ベット額を早い時点でオーバーしてしまう可能性があります。

フムフム。マキシマムベットの金額によっては損失額を回収できずに終わってしまうこともあるのですな。

マーチンゲール法もグランマーチンゲール法も調子に乗って使っていると、

資金を取り戻せなくなって泣くことになってしまいます。

どこでロスカット(損切り)するかを決めてからでないと逆に危険な賭け方になってしまうんです。

なるほどー。ゲームを辞めるラインを見失ってしまうと地獄を見るのでありますな。

あとがき

おはよう!こんにちは!こんばんは!
管理人のEthanです。

管理人のEthan

グランマーチンゲール法はわかりましたか?

グランマーチンゲール法は、負けた時に賭け金の「2倍+1」次のゲームに賭けるベット戦略で、損失を回収できても利益を出すことが難しかったマーチンゲール法を改良したものなんです。

ただし、マーチンゲール法同様にマキシマムベットの金額によっては損失額を回収できずに終わってしまうこともあるので、どこでロスカットするかがポイントになってくるベット戦略になります。

ちなみに僕はグランマーチンゲール法を使ってプレイすることはあまりありません。
負けが続いた時にマーチンゲール法で回収することはありますが「2倍+1」になっただけで計算がややこしくて、メモしながらじゃないと無理なんですw

以上。

これらの情報があなたの役に立つことを心から願っています。それでは。