実はプレイヤーに有利なフレンチルーレット!

はい。ゼロが二つあるアメリカンルーレットと、ゼロが一つしかない分ハウスエッジが低くペイアウト率の高いヨーロピアンルーレットの二種類であります。
オンラインカジノのルーレットは大きく分けてその二種類なんですが、実はもう一種類フレンチルーレットという種類のルーレットがあるんです。
ぬぅぇっ!!オンカジのルーレットは二種類だったんじゃないの!?
フレンチルーレットはシングルゼロで、基本的にはほぼヨーロピアンルーレットと同じなんですが、デザインや機能的な部分で少しだけ違うところがあるんです。
フムフム。フレンチルーレットはほぼヨーロピアンルーレットと同じなのでありますな。

ヨーロピアンとフレンチの違い

まずヨーロピアンルーレットとフレンチルーレットではテーブルのレイアウトに違いがあります。

ヨーロピアンルーレットのテーブルレイアウト

ヨーロピアンルーレットのテーブルレイアウト

フレンチルーレットのテーブルレイアウト

フレンチルーレットのテーブルレイアウト
なるほどー。ヨーロピアンルーレットと比べるとフレンチルーレットはアウトサイドベットの配置や記載などに差があるのですな。

アンプリゾン

そして、ヨーロピアンルーレットとフレンチルーレットの決定的な違いは、フランス語で刑務所入りを意味する「アンプリゾン(En Prison)」の有無です。
なんやそれ?
アンプリゾンが用意されたフレンチルーレットでは、勝てば2倍もらえる賭け方(配当が1:1の赤黒ベット、奇数偶数ベット、ハイローベット)でボールがゼロに落ちた場合でも、負けにはならず、賭け金を一旦保留(刑務所入り)にされ、もう一度ルーレットを回すことができるんです。
そこで当たれば、配当ではなく、保留されていた賭け金が全部戻り、万が一外してしまった場合は、保留されていた賭け金が没収されてしまうというルールなんです。
フムフム。ボールがゼロに落ちても負けにはならず、賭け金を返してもらえるチャンスを頂けるのでありますな。
はい。フレンチルーレットはプレイヤーにとって有利なルーレットなんです。
ルーレットのペイアウト率
アメリカンルーレット94.7%
ヨーロピアンルーレット97.3%
フレンチルーレット97.3%
(配当1:1のみ)98.65%
なるほどー。フレンチルーレットはヨーロピアンルーレットと比べて配当が1:1のところだけペイアウト率が高いのでありますな。
勝てば2倍もらえる赤黒ベットや奇数偶数ベット、ハイローベット中心でプレイする人にとってはヨーロピアンルーレットよりもフレンチルーレットの方がお得であります。
フレンチルーレットの特徴である「アンプリゾン(En Prison)」ですが、オンラインカジノの中にはこれが使えないフレンチルーレットもあるので、その場合はテーブルのレイアウトが違うだけで、ヨーロピアンルーレットと同じになってしまいます。
フムフム。フレンチルーレットだからといってアンプリゾンがあるとは限らないわけですな。
ただし、シングルゼロのルーレットであれば、ペイアウト率やハウスエッジはどれも一緒なので、アンプリゾンルールが使えないフレンチルーレットでプレイしてしまったとしても特に損することはありません。
っしゃ!さっそくオンラインカジノのテーブルゲームの中からアンプリゾンが使えるフレンチルーレット見つけ出し、配当1:1の賭け方でプレイしてみるのであります!
タイトルとURLをコピーしました