カードカウンティングはオンカジで通用するのか?

カードカウンティングとは?

カードカウンティングとは、テーブルに出ているカードの数値を計算することでシュー(Shoe)の中に多く残っているカードを予測し、ゲームの進行を見極める攻略法です。
オンカジのテーブルゲームに映るシュー(Shoe)

フムフム。カードケースに残っているトランプの数値を予測して今の状況が有利か不利かを判断するのでありますな。

シューの中のカードが予想できるだけでプレイヤーの有利や不利が分かる理由

ブラックジャックのルールで、ディーラーはカードの合計数が「17」になるまでゲームをストップすることができません。なので、ディーラーはカードの合計数が「12」~「16」の時には必ずカードを追加します。

はい。ブラックジャックの勝敗の決め方は習得したのであります。

シューの中に「10」などの数値が高いカードが多いと、カードを追加せざるを得ないディーラーバーストしやすくなり不利な状況に追い込まれます。これはプレイヤーにとって有利な状況です。

フムフム。カードの合計数が「12」~「16」でもカードを追加せざるを得ないディーラーは高い数値のカードを引いてバーストする可能性が高まるので、プレイヤーが有利になるということでありますな。

シューの中に「2」~「6」などの数値が低いカードが多いと、カードを追加しても一発でバーストすることはないので、ディーラーにとって有利な状況になります。これはプレイヤーにとって不利な状況です。

フムフム。カードを追加せざるを得ないディーラーでも、数値の低いカードなら一発でバーストせずに済む可能性が高まるので、プレイヤーは不利になるということでありますな。

カードカウンティングは禁じ手

カードカウンティングは使い方次第でカジノに大損害を与えてしまうこともあり、多くのランドカジノでは禁止された禁断の攻略法となっており、数値をメモしているところなどが見つかれば血眼になったカジノの監視スタッフやディーラーに追いかけられる可能性だってあるんです。

フムフム。カードカウンティングは禁じ手なのでありますな。しかし、やるなと言われるとやりたくなるのが人の性なのであります。

並みの記憶力なら数値を記録するメモなどがない限りカードカウンティングを続けることはできませんが、フラッシュ暗算の達人や、MENSA(メンサ)などの高IQ団体に所属しているようなIQ160以上のプレイヤーであれば頭の中だけでカードカウンティングを続けられるかもしれないので、他人が見えないところでカウンティングすることは不可能ではありません。

吾輩「エアそろばん」なら得意なのであります。

エアそろばん
ただし、カジノ側もカードカウンティング対策はしています。エアそろばんの名人やフラッシュ暗算の達人を野放しにはしません。常にセキュリティースタッフがプレイヤーの行動を監視しいますので、カジノによっては連続的に勝っているだけで出入り禁止になってしまうところもあるんです。

暗算できても意味ないやん!

オンカジではカードカウンティングが通用しません

オンカジの場合は、ほとんどのゲームが乱数プログラムで動いているので、ゲーム毎にトランプの数がリセットされてしまいカードカウンティングを使うことはできません。ただし、ディーラーとリアルなゲームを楽しめるライブカジノのライブゲームではカードカウンティングが使えるところ(使ってもOKなところ)もあるそうなので、どうしても実践したい場合はカウンティングOKなライブカジノを探すしかありません。

なるほどー。ライブカジノでは使えるところもあるのですな。

カジノが行うカードカウンティング対策

プレイヤーのカードカウンティングに対してカジノ側がどのような対策をとっているのか、いくつかご紹介しますね。

はい。カジノの運営側がどのような手でプレイヤーのカードカウンティングに対抗しているのかを知りたいのであります。

1回のゲームで8デックを使う

オンラインカジノのライブゲームのテーブルゲームで使うトランプはクラブ・ハート・ダイヤ・スペードの4種×13枚=全52枚で「1デック(デッキ)」と数えるのですが、それを1回のゲームで8デック(416枚)使うことで、カードが多く配られるほど正確性を増すカードカウンティングの威力を弱めています。

なるほどー。カードの枚数を多くしてカウンティングの正確性を低くする作戦でありますな。カジノ側の作戦は侮れないのであります。

カードのシャッフル頻度を高めた

乱数プログラムで動いているゲームに関してはプレイ毎にカードがシャッフルされてしまいますが、ライブゲームの場合もカウンティングを防止する為にゲームの途中でカードをシャッフルしたり、1回のゲーム毎にシャッフルしたりする場合があります。ランドカジノによってはマークしていたプレイヤーがベット額を変えてきた時に、たとえカードが沢山残っていたとしても問答無用でシャッフルしてしまうようです。
カードカウンティング対策でカードをシャッフルするディーラー

カードのシャッフル頻度を高められたらカウンティングは通用しなくなってしまうのであります。カジノもプレイヤーのカウンティングを相当恐れているのですな。

怪しいプレイヤーをカジノから追い出す

ランドカジノの場合ですが、禁止されてるにも関わらずフラッシュ暗算などの特技を生かし頭の中でカードカウンティングをしゃちゃうような輩は常に監視されています。もちろん怪しい動きが判明次第カジノ側はプレイを拒否しますし、疑われたプレイヤーは問答無用でカジノから締め出されます。

やましいことなど何もなく、運だけで勝っているのにカードカウンティングを疑われたら最後でありますな。

オンラインカジノの場合はシステム上カードカウンティングができませんので追い出される心配はしなくて大丈夫ですよ。

よかったー。オンカジの場合はカードカウンティングなど考えるだけムダでありますな。

タイトルとURLをコピーしました