キャンセレーション法で目標利益を確実にゲット!

リスクを分散し、理論上負けないベッティングシステム「キャンセレーション法」について説明しますね。

なにっ!?オンラインカジノ必勝法か!?

キャンセレーション法は、自分で決めた目標利益に達成した時点でシステム終了となるカジノ攻略法です。

やり方はモンテカルロ法と同じで、メモを取りながら進めていけば、はじめての人でも簡単にできるんです。

っしゃ!

キャンセレーション法の手順

キャンセレーション法の解説図

それでは、キャンセレーション法の手順を詳しく説明していきますね。

はい。

目標利益を決める

キャンセレーション法を行うには、まずはじめに目標利益を決める必要があります。

フムフム。最初にいくら欲しいかを決めるのでありますな。

ただし、目標額が高すぎると、1ゲーム毎のベット額も上がり、累計ベット額が増加してしまうので、

1回の目標金額は、欲張り過ぎないよう身の丈に合った金額に設定する必要があります。

フムフム。欲張りは身を滅ぼすのであります。

なので、今回は、1セットで得る目標利益15ドルに設定して説明していきますね。

はい。

数字を分解する

次に、目標利益の数字を適当な数に分割します。

分割?

はい。分割といっても難しいことではなく、目標利益に設定した15という数字をバラバラにするだけでいいんです。

目標利益15ドルの場合

<1・2・3・4・5>
<2・3・5・5>
<5・5・5>
<5・10>

このように、分割した数字の合計が目標利益に設定した数になっていればOKです。

確率的には分割数が少ないほど勝たなければいけない数が減るため、目標達成の可能性が高くなりますが、

それではキャンセレーション法を使う意味がなくなってしまいます。

数字の分割目標利益$15までの
最短勝利数
1・2・3・4・53連勝
2・3・5・52連勝
5・5・52連勝
5・101勝

フムフム。キャンセレーション法は目標利益を分割して賭けることに意味があるのでありますな。

逆に分割する数が多いほど勝たなければいけない数が増えるということになりますが、

リスク分散しながら確実に勝つというキャンセレーション法の特性を活かしたいので、

今回は、目標利益の15ドルを「12345」に分割して進めていきますね。

フムフム。これなら最短3連勝で目標利益を手にすることができるのでありますな。

両端の数字を足した数が賭け金

それでは、実際に目標利益の15ドルを目指してゲームをプレイしていきます。

まずは「1・2・3・4・5」と数字をメモします。

キャンセレーション法では、この数列の両端を足した数が賭け金になるんです。

キャンセレーション法の手順

フムフム。今回の場合は1+5=6で、賭け金は6ドルになるのでありますな。

負けた場合は右端に前回の賭け金を追加する

もし負けてしまった場合は、賭け金の6ドルを数列の右端に追加して次のゲームに進みます。

キャンセレーション法の手順

フムフム。1回目で負けてしまった場合、2回目に賭ける金額は1+6=7で、7ドルになるのでありますな。

勝った場合は両端の数字を消す

勝った場合は、両端の数字を消して次のゲームに進みます。

キャンセレーション法の手順

フムフム。1回目で勝った場合、2回目に賭ける金額は2+4=6で、6ドルになるのでありますな。

数字が全部消えたらシステム終了

あとは上記の手順でゲームを進めていくだけです。数字が全部消えた時には必ず目標利益に達成しています。

なにっ!?

シミュレーション1

数列賭け金勝敗勝利金収支
1回目1・2・3・4・56ドル勝ち12ドル6ドル
2回目12・3・456ドル勝ち12ドル12ドル
3回目2346ドル勝ち6ドル15ドル

シミュレーション2

数列賭け金勝敗勝利金収支
1回目1・2・3・4・56ドル負け-6ドル
2回目1・2・3・4・5・67ドル勝ち14ドル1ドル
3回目12・3・4・567ドル勝ち14ドル8ドル
3回目23457ドル負け1ドル
4回目3・4・710ドル勝ち20ドル11ドル
4回目3474ドル勝ち8ドル15ドル

このように、キャンセレーション法を使えば、1セット終了ごとに、設定した目標利益を得ることができます。

また最初の分割を「5・5・5」といった感じで違うパターンにして進めた場合でも、

キャンセレーション法が終了した時点で同じ目標利益を手にできています。

シミュレーション3

数列賭け金勝敗勝利金収支
1回目5・5・510ドル負け-10ドル
2回目5・5・5・1015ドル勝ち30ドル5ドル
3回目5551010ドル勝ち20ドル15ドル

フムフム。数字の分割が違っていても、システムが成功すれば同じ目標利益を手にできるのでありますな。

ちなみに、オンラインカジノで目標利益を得る最も簡単で確率の高いベット方法は、

勝率50%のゲームに目標利益と同じ金額を賭けて勝つことですが、

この方法では、負けた時のリスクが高くなってしまいます。

でも、キャンセレーション法なら、そのリスクを分散することができますし、確実に目標利益が手に入るんです。

っしゃ!

キャンセレーション法が使えるゲーム

キャンセレーション法は、勝率50%のゲームに有効なベッティングシステムです。

バカラのバンカーのように、配当が1.95倍にしかならないゲームには使えません。

フムフム。バカラの場合はプレイヤーベットのみでありますな。

2倍配当ならOKなので、ウルフベットバスタビットにもキャンセレーション法は使えます。

っしゃ!

キャンセレーション法のシミュレーション

目標利益を20ドルに設定し、キャンセレーション法をシミュレーションしました。

フムフム。実際にキャンセレーション法を使ってプレイした時の展開が気になるのであります。

バカラ

バカラのシミュレーション

目標利益の20ドルを「1・2・3・4・5・5」に分割し、

キャンセレーション法でバカラのプレイヤーに賭け続けてみました。

数列賭け金勝敗勝利金収支
1回目1・2・3・4・5・56ドル勝ち12ドル6ドル
2回目12・3・4・557ドル負け-1ドル
3回目2・3・4・5・79ドル勝ち18ドル8ドル
4回目23・4・578ドル勝ち16ドル16ドル
5回目3454ドル負け12ドル
6回目448ドル勝ち16ドル20ドル

フムフム。リスクを分散し、確実に目標利益を手に入れることができたのであります。

デメリット

キャンセレーション法のデメリットは、連敗が続き増加したベット額がテーブルリミットに達してしまったり、

急激な賭け金の増加で軍資金がショートしてしまうことです。

くぅーっ。資金が少ないとキャンセレーション法もダメだったか。

安心してください。目標金額を低めに設定しておけば、連敗が続いたとしても、たいていは切り抜けられます。

1回の目標金額はどのぐらいに設定すればよいでしょうか?

連敗が続いたことを考えると、1回の目標金額は、資金の10%前後が目安ですね。

フムフム。勝ち逃げラインの時と同じで資金の10%が目安なのでありますな。

メリット

キャンセレーション法のメリットは、リスク分散しながら目標利益を確実に得れるところです。

目標利益を大きくしなければリスクも低く、安定した利益が見込めます。

っしゃ!キャンセレーション法でコツコツ利確して資産を増やしていくぞ!

オンラインカジノのボーナス情報

あとがき

おはよう!こんにちは!こんばんは!
管理人のEthanです。

管理人のEthan

キャンセレーション法の手順はわかりましたか?

モンテカルロ法と似ているキャンセレーション法(キャンセレーションシステム)は、バイナリーオプションやFXなどにも使われているベット戦略で、システムが終了した時には目標設定した金額が手に入るという、理論上負けないベッティングシステムです。

個人的には1単位10ドルといった感じで計算しながら進めるモンテカルロ法よりも簡単で、欲しい金額を確実に狙える方法だなと思うので、オンラインカジノで計画的に利益を増やしたいと考えている人には特におすすめのベッティングシステムです。

デメリットとして考えられるのも、負けが連続したことによるベット額の上昇が原因のものばかりなので、1セットの目標利益をそこまで大きな額にしなかったり、数字を多く分割してリスクを減らすといった方法で対策できます。

実際に無料モードのゲームでシミュレーションしてみると、キャンセレーション法の効果が実感できますよ!

以上。

これらの情報があなたの役に立つことを心から願っています。それでは。