はじめてのブラックジャック

ブラックジャックの解説マンガ

ブラックジャックのルール

オンカジのブラックジャックの基本的なルールや専門的な言葉を詳しく解説しますね。

はい。

カードの数え方

最初は、カードの数え方(カードカウント)です。Aは、1もしくは11のどちらでも数えられるので、強い手札になる方を選べます。11のつもりだったけどやっぱ1にしよーってのもOKです。10 11(J) 12(Q) 13(K)は、全て10と数えます。29はそのまま数えます。

A(エース)「1」もしくは「11」と数える。J(ジャック)Q(クイーン)K(キング)は全て「10」と数える。2から10までの数字が書いてあるカードは、絵柄マークに関係なくそのままの値で数えるということですな。

絵柄マークと数字の場合

2から10までのカードの数え方

♠(スペード)♥(ハート)♦(ダイヤ)♣(クラブ)の絵柄マークと数字のみのカードは、色や絵柄マークに関係なく数字のまま数えます。

2から10までのカードを使った計算例

例えば2と6のカードを配られた場合なら「8」。3と5と9の場合なら「17」とカウントします。
見るのは数字だけで、♠(スペード)♥(ハート)♦(ダイヤ)♣(クラブ)などの絵柄マークは一切関係ありません。

数字の10やJ(ジャック)Q(クイーン)K(キング)の場合

J・Q・Kのカードの数え方

数字ではなく「J」「Q」「K」のカードは色や絵柄マークに関係なくすべて「10」と数えます。

J・Q・Kのカードを使った計算例

例えば3とQのカードを配られた場合なら「Q」のカードを10と数えるので、3と10で「13」とカウントします。

A(エース)の場合

Aのカードの数え方

「A」のカードは特殊で、21に近くなる方で「1」と「11」を使い分けて数えることができます。

Aのカードを使った計算例

ブラックジャックでは21を超えてしまうと負けてしまいますので、A(エース)が配られた場合は21を超えないよう「1」と「11」のどちらか都合のいい方でカウントします。

勝敗の決め方

ブラックジャックは、21を超えずに21に近い方が勝ちという簡単なゲームです。

あれ?以外と簡単でありますな。

というのが一般的なルール説明ですが、実は21にしようとするだけだと負けてしまいます。そこで、ちょっとしたテクニックを使いグッと勝率をアップさせる方法があるのですが、それはこの後に詳しく解説しますね。

!?・・はい。

ノーマルな勝ち方

オンカジの場合ゲームを始めるとディーラーとプレイヤーそれぞれに2枚のカードが配られます。合計数が21に遠い場合はカードを1枚づつ追加して、21を超えないところでストップしましょう。最初に配られたカードが良ければ、カードを追加せず、そのまま勝負できます。カードを追加する場合はヒットを、次のカードを引かずストップし勝負する場合はスタンドをタップしゲームを進めます。

ブラックジャックのゲーム開始場面

自分のカードが21に近くなるまでカードを追加するのですな。フムフム。そーするとこの場合カードの合計数が4+6=10なのでヒットをタップし、カードを追加することで合計数を21に近付けることができるのでありますな。

通常、ゲームに勝てば賭け金が2倍(賭け金を含む)になって返ってきます。$10掛けた場合、賭け金を含め$20配当されます。

ブラックジャックでプレイヤーが勝利した場面
この場合は4+6+A(11)=21なのでプレイヤーが勝ったわけですな。

ブラックジャック

ゲーム開始直後にブラックジャックで勝利した場面

最初に配られた2枚だけで21になったことを「ブラックジャック」と言います。通常と違いブラックジャックで勝てば、配当金が2.5倍(賭け金を含む)で返ってきます。$10掛けた場合、賭け金を含め$25配当されます。

この場合はA(11)+ J(10)21(ブラックジャック)いうことになるのでありますな。

ブラックジャックが出れば、相手の手札に関係なく勝ち決定で即終了。ブラックジャックが出た方の勝利になります。

フムフム。運気が絶好調の時は勝てるかもしれないのであります。ちなみにカードの合計数が21になるものは全部ブラックジャックと言うのでありますか?

A1011(J)12(Q)13(K)の組み合わせの時(最初に配られた2枚だけで21になった時)に、ブラックジャックと言い、追加でカードを引いて21になった場合は、ブラックジャックとは言いません。

なるほどー。最初にカードを2枚配られた時点でカードの合計数が21になっていればブラックジャックということでありますな。

引き分け

引き分けは、賭け金を失わずにそっくりそのまま返ってきます。引き分けは「自分もディーラーもブラックジャック」「21以下で同点」の時です。

ディーラーとプレイヤーが引き分けになった場面

フムフム。引き分けの場合はプッシュと表示されて賭け金が戻ってくるのでありますな。

21を超えれば負け

ディーラーよりも21に近いだけが勝ちではありません。21に近づけようとするばかりに自分が21を超えてしまったら、そこで自爆してしまうんです。カードの合計数が21を超えたことにより負けてしまうことをブラックジャックの専門用語でBUST(バースト/バスト)と言います。

合計が21を超えてしまいプレイヤーが負けた場面

自爆などもってのほか。クタバリたければ100人倒してからシネというのが上官殿からの命令であります。

ブラックジャックで勝率を上げるには、ディーラーに21を超えさせればいいんです。自分が21から遠い数字でも、ディーラーのカードの合計数が21を超えてBUSTすれば、自動的に勝ちになります。

ディーラーの方が21を超えてしまいプレイヤーが勝った場面

なるほどー。ディーラーが自爆するように仕向ける作戦でありますな。

これで、すぐにでもブラックジャックに挑めます。

っしゃ!

ブラックジャックのプレイ手順

ゲームの流れ
  • STEP1
    ベット
    賭け金のチップを置きます。
    ブラックジャックのテーブルにチップを置く場面
  • STEP2
    ゲームスタート
    ディールをタップすると2枚のカードが配られます。
    ディーラーとプレイヤーに2枚のカードが配られる場面
  • STEP3
    手札の調整
    ヒットをタップするとカードが追加されます。ディーラーよりも良い手札だと思うところでスタンドをタップします。
    ディーラーよりも良い手札だと思うところでストップする場面
  • STEP4
    勝負
    ディーラーがカードを引きます。勝てば配当、負ければ没収されます。
    ブラックジャックでディーラーに勝って配当金をもらう場面

ブラックジャックのプレイ動画

オンラインカジノのブラックジャック

ディーラの決まり事を利用し勝率アップ

ディーラーが21を超えてバーストすればプレイヤーの勝ちになりますが、ディーラーは強いから21を超えるわけがないと思っていませんか?でも、これが超えるんです!ここでディーラーの決まり事を説明しますね。

はい。

ディーラーは、17を超えるまでカードを引き続けなければなりません。ディーラーの手札が16の場合は、17に達していないのでカードを引かなければならず、6以上の数字が出れば、21を超えさせることができます。ディーラーは、自分のさじ加減で、カードを追加したりストップしたり出来ないんですね。

フムフム。

ディーラーが勝てる数字

なので、ディーラーが勝てる数字は「17、18、19、20、21」の5種類しかないんです。

なるほどですね。

ディーラーのカードは、2枚のうち1枚を見せ札として表にして数字が見えるようにしてあるので、その数字で自分のカードを追加するかストップするかの目安にします。

フムフム。

初心者の、ましてや素人がディーラー相手に目安なんて立てられる訳がない、感や運で行くしかないと思っていませんか?

たしかに。ディーラーのカードが1枚わかったところで、2枚目のカードに何の数字が書いてあるかなど、いつもドンピシャで指摘してくる道頓堀の占い師にぐらいしかわからないのであります。

ブラックジャック攻略法

ディーラーの表のカードと自分の手札を見ただけで、追加するかストップするかを判断できる、確率的に計算してまとめた便利な表がブラックジャックには存在してるんです。ベーシックストラテジーチャート(ブラックジャック基本戦略表)というのですが、必勝表というか、ようは、カンニングペーパーみたいなものですね。

か、カンニングとは・・。ブラックジャックで大儲けしてる奴らはそんな卑怯な手を使っていたのでありますな・・・。んーっケシカランっ!!しかし、吾輩、日本男児のはしくれであります、たとえドン底の暮らしを強いられようと、そんな卑怯なことは・・・。

難しい事抜き、初心者のためのカンニング早見表を見ながら、プレイしてしまえばいいんです。

ぬわぁぁぁあ!!

ベーシックストラテジーチャート

ディーラーの見せ札(表になっているカード)
2345678910A
自分の手札8以下追加追加追加追加追加追加追加追加追加追加
9追加追加追加追加追加追加追加追加追加追加
10追加追加追加追加追加追加追加追加追加追加
11追加追加追加追加追加追加追加追加追加追加
12追加追加ストップストップストップ追加追加追加追加追加
13ストップストップストップストップストップ追加追加追加追加追加
14ストップストップストップストップストップ追加追加追加追加追加
15ストップストップストップストップストップ追加追加追加追加追加
16ストップストップストップストップストップ追加追加追加追加追加
17以上ストップストップストップストップストップストップストップストップストップストップ
Aと2追加追加追加追加追加追加追加追加追加追加
Aと3追加追加追加追加追加追加追加追加追加追加
Aと4追加追加追加追加追加追加追加追加追加追加
Aと5追加追加追加追加追加追加追加追加追加追加
Aと6追加追加追加追加追加追加追加追加追加追加
Aと7ストップストップストップストップストップストップストップ追加追加追加
Aと8ストップストップストップストップストップストップストップストップストップストップ

どうですか?勝てる気力が湧いてきましたか?ディーラーが強いという錯覚をしている人も多いかもしれませんが、決まり事のマニュアル通りに行っているだけなので、本当は強いも弱いもないんですよ。

これ、勝てるんちゃう?

カードカウンティング

また、ブラックジャックにはカジノの運営側も恐れる「カードカウンティング」という禁断の攻略法(必勝法)があるんですが、実はこれ、ほとんどのゲームがプログラムで動いているオンカジでは無力なんです。

チクショー!

オンカジのブラックジャックに用意されている様々なアクション

最後に、オンカジのブラックジャックに用意されている様々なアクションについて解説しますね。

はい。上官からは「立っている者は親でも使え!」と言われております。使えそうなアクションは率先して使ってみたいのであります!

賭け金に保険をかける(インシュアランス)

知っておいた方がいい、損なのか得なのか、オンカジのブラックジャックにあるアクションのひとつ「インシュアランス」。ディーラーの見せ札がAだった場合、ブラックジャックが成立している可能性があります。ディーラーがブラックジャックだった場合は、プレイヤーの賭け金が全部没収になってしまうので、「インシュアランス」はそれを防ぐため「賭け金に保険をかけて守ろう」というものなんです。ディーラーが裏になっているもう一枚の手札見る前に「インシュアランス」をするか、しないかをはいいいえで答えます。

ディーラーのカードにAがありインシュアランスを提案される場面

吾輩、男である以上、保険なんつー腰抜けが飛びつくようなセコイシステムには甚だ疑問を感じていたのですが、インシュアランスに関しては迷わずはいで。

賭け金が$10の場合は、半分の$5を保険料として差し出すことで、ディーラーがブラックジャックだった場合に、賭け金$10と保険料$5の合計$15がまるまる返ってきて、収支0になります。ただ、ブラックジャックではなかった場合、最初に賭けた$10は守れますが$5は没収され返ってきません。

インシュアランスを選択し賭ける場面

たとえ$5失って腰抜け野郎と罵倒されても最初の賭け金$10を死守するのであります!

自信のあるカードが揃ったら賭け金を2倍にできる(ダブル)

ダブルをタップするとゲームの途中で賭け金を2倍にすることができるんです。次の展開に自信がある時などに使うと効果的なんです。
ブラックジャックでダブルを使う場面
ブラックジャックでダブルを使う場面
なるほどー。ゲームの途中で次の展開に自信がある時に使うのでありますな。この場合は最初に賭けた$10を途中でダブル(倍の$20)にし、見事に合計数21で勝利したので、配当金が賭け金の2倍の$40になったわけでありますな。

同じカードが2枚でたら別々にゲームが進行できる(スプリット)

スプリットは最初に配られたカードが同じ数字やマークだった場合、2つに分けてゲームを続けることのできるアクションです。例えば最初のカードで10が2枚配られた時などに使用するのが効果的です。

ブラックジャックでスプリットを使う場面
ブラックジャックでスプリットを使う場面

なるほどー。この場合は最初に配られたK(10)と J(10)のカードを2つに分けたことで、次のカードで A(11)が出た方がブラックジャックになっておるのですな!アツイっ!

負けが予測できたら勝負から降りられる(サレンダー)

サレンダーは「降参します」というアクションです。例えば最初に配られたカードの合計数が15など、その次のカードによってはバーストする確率が高い場合などに効果的なアクションです。サレンダーを使うことで賭け金の半分が返ってきますので、無謀な挑戦で資金を失わずにすみます。

ブラックジャックでサレンダーを使う場面
ブラックジャックでサレンダーを使う場面

なにーっ!サレンダーは勝負が決まる前に白旗を上げるというアクションなのですな・・・。うぅー。けしからん!吾輩、日本男児のはしくれであります。白旗を上げるぐらいなら負けると分かっていても次のカードを引いて男らしくバーストするのであります!・・・・・と言いたいところなのですが、半額返ってくるのであれば、なんとなくヤバそうなカードの時には率先してサレンダーを使うのであります。吾輩の座右の銘は「逃げるが勝ち」なのであります。

2つの場所に分けたカードの中身を入れ換えられる(スイッチ)

スイッチはブラックジャックスイッチというタイプのゲームで使用されるアクションです。このタイプのゲームは最初からカードを2つに分けてゲームすることが基本になっていますが、スイッチを使えば手元のカードを入れ換えることができるので、カードの組み合わせを変えて、それぞれのカードの合計数をコントロールすることができるんです。

フムフム。配られたカードによってはダブルで美味しい思いができるアクションでありますな。

ここまで読めば、後は実践するだけです!

っしゃ!

実際にブラックジャックを体験してみる

ブラックジャックのゲーム開始場面

こちらから本番同様の環境でオンラインカジノのブラックジャックが無料プレイできます!!

タイトルとURLをコピーしました