プレイヤーに圧倒的に有利なブラックジャックスイッチ

ブラックジャックには「ブラックジャックスイッチ」というタイプのゲームがあるんです。

スイッチ!?なんか切替ボタンでもあるのでありますか?

スイッチというのはオンラインカジノのブラックジャックに用意された特殊なアクションのひとつで、プレイヤーは2つのハンドでプレイすることができ、さらに2枚目のカードを交換することもできるんです。

なぬっ!?配られたカードの組み合わせを変えてしまっていいのでありますか?

通常のブラックジャックでは、最初に配られたカードの組み合わせが弱く、次のカードを引かずとも結果が見えてしまうようなこともありますが、最初に配られたカードが弱い組み合わせだったとしても、2組のカードを交換することで、強い組み合わせを作り出すことができるんです。

これならブラックジャックで負ける気がしないのであります!

でも、ブラックジャックスイッチはプレイヤーに都合のいいことばかりではないんです。
カードを交換することでペイアウト率98.87%とプレイヤーにとってはかなり有利なブラックジャックスイッチですが、逆にオンラインカジノ側としてはハウスエッジが低く割に合わないゲームなので、ディーラー側にも通常とは少し違うルールが導入されているんです。

なんだ!結局それかよ!

ブラックジャックスイッチのルール

ゲームの流れ
  • STEP1
    ゲームスタート
    プレイヤーには2組のハンドが配られます。
    プレイヤーにカードが配られる場面
  • STEP2
    スイッチ
    スイッチを使って2枚目のカードを交換することができます(そのままでいいなら交換しなくてもOK)。
    カードをスイッチしてブラックジャックを作る場面
    ブラックジャックの時でもプレイヤーへの配当は1倍です。
    ディーラーが22の時はバーストではなくプッシュ(引き分け)になります。
    ディーラーのハンドがソフト17(A+6、5+6+6、10+7など)の場合でも、ディーラーはさらにカードを追加しなくてはいけません。
ブラックジャックスイッチのテーブルには、センターサークル(真ん中の輪)にベットして賭ける、スーパーマッチというサイドベット(ボーナスベット)が用意されていますが、最初に配られた4枚のカードが揃っているかということに対して賭けるので、当たる確率は低いんです。

外れると分かっていながら賭けるなんて、そんなもん、動物園から逃げ出したチンパンジーのすることであります。

ただし、フォーカードで当たった場合、配当は40倍にも膨れ上がりますので、一発逆転を狙っている人には気になるところですよね。

40倍でありますか!?負けることなど気にしてられません。吾輩、フォーカードに賭け続けます。

スーパーマッチの組み合わせ

当たる確率は低いですが、スリリングなギャンブルを楽しみたい方には最高のオプションですので、スーパーマッチのカードの組み合わせについて解説しますね。

はい。

ワンペア(1ペア)

ワンペア(1ペア)

数字が同じカードが2枚でワンペア(1ペア)になります。
配当は1倍です。

スリーカード(3オブ・ア・カインド)

スリーカード(3オブ・ア・カインド)

数字が同じカードが3枚でスリーカード(3オブ・ア・カインド)になります。
配当は5倍です。

ツーペア(2ペア)

ツーペア(2ペア)

同じカード2枚が2組でツーペア(2ペア)になります。
配当は8倍です。

フォーカード(4オブ・ア・カインド)

フォーカード(4オブ・ア・カインド)

同じカードが4枚でフォーカード(4オブ・ア・カインド)になります。
配当は40倍です。

タイトルとURLをコピーしました